自動車下取りと買取の違い

自動車、愛車を手放す、売却する場合に利用するのが車下取りですよね!新車などに車を買え換える時に利用するメーカーの買取を下取りと呼んでいます。

基本、愛車の下取り価格を新車購入額から差し引く方法です。高価に下取りをしているよな事をよく言われますが本当に高価下取りしているかな疑問です。

 

もう一つが車買取です。新車などへの買い替え時の他、車を手放して現金が欲しい時に車買取業者や中古車販売業者に愛車を買取してもらう事を車買取と呼んでいます。

 

下取りも買取も基本、車の売却ですので一緒の様ですが呼び方は「下取り」と「買取」と言う呼び方の様です。

どちらが良いのかと言われれば、どちらのメリット、デメリットは有ります。

ドレスアップカー買取|改造車の評価の高い車買取サイト

下取りのメリットは車販売会社と車買取会社が同じなので手間が大幅に省けます。しかも納車日まで車を乗る事が出来ます。

デメリットはココだけで下取り査定をするので適正価格か解らない事が有りもっと高い値段の時も有ります。良くあります。

 

車買取のメリットは数社の車買取業者の査定額を比べる事が出来、しかも一番高額な査定額の業者に売る事も可能です。愛車を一番高く売る事が出来ます。

デメリットは自分で色々な事を段取りしなければいけないので手間が掛かります、また車買え換えの場合、車の納車日まで愛車を乗る事が出来ないので車がない期間が出来る事です。

 

他にも細かい事は有ると思いますが愛車を出来るだけ高く売りたい人は車買取、金額より便利さで選ぶのであれば下取りと言う感じで選べば良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>